バラについて!!

     1.バラを剪定しよう!         2.バラを植え替えよう!

 

 関連商品

                 

                

 

 

     豪華な花をつけるバラは昔から変わらず根強い人気があります

     庭植えだけでなく、鉢植えでも育てることができるので、限られた

     スペースでも栽培を楽しめます。ただし、バラ栽培には薬剤の散

              布を始めとした各種の作業が必要となるため手が掛かります。

 

     手間がかかる分だけ、花が咲いた時の喜びがひとしおとなるため、

     バラ栽培には大きな魅力があるともいえます。

 

 

1.バラを剪定しよう!

バラの剪定は2月~3月上旬のバラの芽が活動を開始する

直前のこの時期に剪定をしておきます。

剪定をすることで新芽が伸び元気な花をつけます。

 

 

 

★用意するもの

      

・鋏

 

 


 

※バラについて・・ 基本的にバラは日当たりのよい場所・水はけのよい土を好みます。

             また、病気や虫を防ぐためにも風通しが良い事も条件です。

             さらにバラは肥料をとても必要とし、高温多湿が苦手で梅雨

               時期は病害虫が発生しやすくなりますが事前の予防策やこま

             めな手入れをすることで、改善できます。バラは弱い植物では

             ありませんが、適切なタイミングで水やり・肥料・剪定などの

                               手入れをしてあげることでより元気に可憐な花を咲かせことがで

            きます。

 

             また、バラといっても現在たくさんの種類があり、品種や環

                                   境によって育て方も変わってきます。

 

 

 

★ポイント  

1.新芽が動き出す前に済ます!!

 

2.外側の芽の上で斜めに切る!!

 

・本剪定する前に細い枝や病気の枝など

 を先に仮剪定しておきましょう!!

 


 

◎ポイント

  1.新芽が動き出す前に済ます!!

       バラは12月の寒い時期に入ると翌年の早春くらいまで休眠します。

       その休眠時期に剪定をするとバラの成長の邪魔をしません!!

 

 

①仮剪定をする

  

 

 

  剪定の目的として、込み合ってしまった枝の風通しを良くするということがあります。

 

     また、病気の枝や枯れている枝も切って

   おきます。枯れた枝は基から切取ります。

 

 

 

 

②本剪定

 

  

◎ポイント

  2.外側の芽の上で斜めに切る!!

 

外側の芽を選ぶ理由は、古い枝を剪定した部分から枝が伸びていきます。

内側の芽を選んでしまうと中に向かって枝が伸びていきますので、枝が

重なったり、込み合って風通しが悪くなってしまいます。

 

  

 

 

 

長い枝は、今年伸びた枝の1/2位の高さを目安に剪定鋏で切っていきます。

よく切れる剪定鋏で行う事もポイントです。

 

内側にむいた芽ではなく、外側に向いた芽を選択し斜めに切ります

※ボリュームを出したくない等の理由で内側の芽を選ぶ場合もあります

 

 

 

           すっきりした姿になりました。

 

       剪定には細かいコツがありますが、できるだけポイントを絞り簡単に

                 やる方法で今回は行いました。また、剪定後に石灰硫黄合剤を散布する

                 と春先の病気の予防になります。さらに、地植えなどで根元に枯葉がた

                 まってしまっている場合は、できるだけ取り除くと病害虫の予防になり

      ます。

 

トップへ戻る

 

 

 

 

 

2.バラを植え替えしよう!

 

プランターや鉢などで育てている場合、バラの植え替えは必ず年に

1回は行いましょう。こちらもバラの休眠期に行うと傷めにくいです。

 

 

 

 

★用意するもの

 

   

 

・バラ・果樹の培養土

 

 ・鉢底の石

 

 ・緩効性肥料

 

 

   

 

・バーミキュライト

 

 

 


 

 

 

★ポイント

 

1.新しい土を使う!!

 

2.根を乾かさない!!

  

・植え替えをすることで、病害虫の

 予防にもなります。また、栄養が

 なくなった土を入れかえて、バラ好

 みの土にし、根でいっぱいになった

 鉢を再生してあげられます!!

    

 

 

◎ポイント

  1.新しい土を使う!!

       バラは肥料を必要とします。今まで使っていた土では必要な栄養分が

      乏しくなっている可能性があります。栄養満点の新しい土を使いましょう。

 

 

①植え替える

 

 

   古い鉢からバラを抜き取ります。

  根が詰まっているため根鉢が

  すっぽりと取れます。

   抜く際に芽や根を傷めないように

  気を付けてください。

 

 

 

 根鉢の上、横、下部の土をほぐして

根を1/3位切り詰めます。

 この時、傷んだ根や枯れた根も

取り除いておきましょう。

 

 

 

 もし、細かすぎる根がたくさんある場合は

それも整理しましょう。

 

 

 

                    

 

 

 始めに鉢底石を底穴が隠れるくらい入れます。次に、バラ・果樹の培養土を少しいれ、

 緩効性肥料(今回は365日長く効く肥料)を30g程加えたら植えつけます。

 

        

 

株が鉢の中心になるように植えつけます。表面にバーミキュライトを撒いて

保護します。

腐葉土などでマルチングするのも効果的です。植え替え後はたっぷりと水を与えます。

 

 

トップへ戻る